無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

にじゅうに
悪口を言っていたのもつかの間


ソナちゃんとテヒョン君の唇が触れ合った

その瞬間私は崩れ落ちて泣いた

















人って簡単に信じちゃダメなんだね_______。
グク
グク
あなたまだ、早く帰ろ

なんで泣いてるの









グクside

右を振り向いた

そこではテヒョンとソナが浮気をしていた

あなたがどれだけテヒョンを思っていたか








俺なら泣かせない

幸せにする


こう心に誓った