無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

537
2021/06/20

第2話

2話:"あの日"から、100年
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんで、なんで消えないの、、、!?


なんで、アイツが死んだのに、なんで、、、!


なんで日光も········!!


なんで、なんで·····。


みんな、私を置いていかないで·····!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
珊瑚(さんご)
珊瑚(さんご)
マジでウザい。
思わず口からでてしまった。


ほぼ毎日勧誘してくる。


呪術師の、五条悟。自称最強だって。


呪術師になろうって、いつも言ってきて、さっきもそれで言い合ってた。


いつになったら分かってくれるのか。


ならないって言ってんのに。


心の中で愚痴を言いまくりながら家に向かう。












ーそういえば、"あの日"から100年たったんだな。ー












ふと、思い出してしまった。


100年なんて、短いものか。


"鬼"である私にとっては。


ねくすと
----------------------------------




設定


名前 珊瑚(さんご)


年齢 600歳くらいから数えてない


容姿 アイコン見てください。


術式 使わない。呪力は扱える。


↑ただ呪力をぶつけたりとか。


血鬼術 『鬼血眼殺』  


↑ 鬼の血に体をゆだね、相手の命をかりとるまで止まらなくなる。目が彼岸朱眼みたいになる。


呼吸 鬼の呼吸



ネーミングセンス無いのは許してください。