無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話
(なまえ)
あなた
裕太、、
裕太
裕太
は?
(なまえ)
あなた
あの人、私タイプかも
裕太
裕太
あっそ
(なまえ)
あなた
永瀬廉
永瀬廉
そこうるさいよ
(なまえ)
あなた
すまへん
優羽(ゆう)
優羽(ゆう)
あなたー!
あんた、先生に対してなんで関西弁なん?
(なまえ)
あなた
なんか関西に住んでそうじゃね
優羽(ゆう)
優羽(ゆう)
そういわれたら、、、そうだね
永瀬廉
永瀬廉
はい、授業始めます!
(なまえ)
あなた
はーい
授業中
(なまえ)
あなた
(やばい、顔良すぎん?まず頭どうなってんの?こんなムズいやつわかるの)
(なまえ)
あなた
(ノートに落書きするか)
永瀬廉
永瀬廉
あなた
なに落書きしてんの?
裕太
裕太
は?お前落書きしてんのか?
(なまえ)
あなた
問題わからんもん
裕太
裕太
1人で考えとけ
永瀬廉
永瀬廉
まぁまぁ落ち着いて、あなた教えるからさ
(なまえ)
あなた
いいの!
ありがとうございますぅ