無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

281
2019/07/28

第5話

るぅとくん
あなた
あなた
さぁ…、勢いで出て来ちゃったけど…
るぅと
るぅと
ん?そこで何してるんですか??
あなた
あなた
あ、えと…
るぅと
るぅと
ゆっくりでいいですよ。
あなた
あなた
家…出てきたんです。
るぅと
るぅと
ん…、あ!うち、来ます?
あなた
あなた
え?いいんですか?
るぅと
るぅと
はい!
あなた
あなた
行きます!!
るぅと
るぅと
どうぞ!
歩いて…
るぅと
るぅと
ただいまぁー
ななもり
ななもり
おかえりっ!
るぅと
るぅと
あれ?ころちゃんと莉犬は?
ななもり
ななもり
コンビニ行かせたよー!
るぅと
るぅと
そうなんですね。
ななもり
ななもり
うん…って、その子誰?
るぅと
るぅと
えっとですね…
あなた
あなた
あなたです!
ななもり
ななもり
あなたちゃんね。なんでうちに来たの?
ななもり
ななもり
るぅとくん、まさかゆうk…
るぅと
るぅと
誘拐じゃないです!
ななもり
ななもり
そ、そうだよね。るぅとくんだったらしそうで…
るぅと
るぅと
しないです!
あなた
あなた
家出したんです。
ななもり
ななもり
え?
あなた
あなた
僕、本当は男なんです。
ななもり
ななもり
ふーん…ってえ!?
あなた
あなた
これが僕です。
るぅと
るぅと
そうなんですね…
あなた
あなた
僕のお母さんは、女の子が欲しかった。
あなた
あなた
でも産まれてきたのは男。
あなた
あなた
つまり僕。
あなた
あなた
だから、お母さんは僕は女だって信じるようになった。
あなた
あなた
そんなお母さんはお父さんとよく喧嘩してた。そのせいで暴力を僕にふるわせることもあった。
あなた
あなた
だけど、「女の子は顔が大事。」それだけで暴力は振るわれないようになった。
あなた
あなた
まぁ、それはそれで良かったんだけど。
あなた
あなた
でも、グスッもう耐えきれなくて。グスッ
あなた
あなた
もうグスッ嫌になってグスッ生きても意味ないんじゃグスッって。グスッ
ころん
ころん
ただいまぁ!
あなた
あなた
ビクッ
あなた
あなた
サササッ
ころん
ころん
あれ?女の子だぁ?
あなた
あなた
こ、こんにちは。
るぅと
るぅと
今日からここに住むことになったあなたちゃんです!
ころん
ころん
へぇ!めっちゃ可愛いじゃん!
あなた
あなた
ありがとうございます(*´﹀`*)
ころん
ころん
ドキッ
るぅと
るぅと
ドキッ
ななもり
ななもり
部屋、案内するね?
あなた
あなた
あ、はい!
トコトコ
あなた
あなた
あの、住むなんて聞いてないんですが…。
ななもり
ななもり
まぁ、いいじゃん?
あなた
あなた
(まぁ、住むとこないし、いいか。)
ななもり
ななもり
はい、ここね!右がころんくん、左が莉犬くんね!前はさとみくんだから!
あなた
あなた
え、はい!(さとみくん?莉犬くん?)