無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

338
2019/07/09

第2話

お母さん
お母さん
あなた、あの子もうすぐで中学生だけど、制服スカートやだって駄々こねてるのよ…。
お父さん
お父さん
うーん、まぁ、散々言うこと聞いてくれたし、これくらいは許してやろうか。
お母さん
お母さん
あなたがそう言うなら…。
あなた
あなた
お母さん!お父さん!今のほんと!?
お母さん
お母さん
えぇ。お父さんが良いって。
あなた
あなた
ありがとう!!
お父さん
お父さん
これくらいなら。
あなた
あなた
髪の毛は切っちゃダメだし、かつらにしちゃおうっと、
あなた
あなた
こんな感じ…かな。
あなた
あなた
我ながら良く出来てる!
あなた
あなた
声も低くして…
あなた
あなた
あー!あー!
あなた
あなた
高くも出来る!
あなた
あなた
完璧!
あなた
あなた
歌い手になれるんじゃ?笑笑
あなた
あなた
声戻そう。
あなた
あなた
歌い手になるんだったら名前と機材がいるな…。
あなた
あなた
名前は…。
お母さん
お母さん
あなた!きな粉餅食べるー?
あなた
あなた
いるー!!
あなた
あなた
ん?そうだ!きなこもちにしよう!
あなた
あなた
こんにちは!きなこもちです!
あなた
あなた
みたいな?笑笑
あなた
あなた
…良いかも!!
あなた
あなた
決めたぞー!!
あなた
あなた
機材はすぐ買えるしね!
あなた
あなた
歌の練習しよーっと!!