無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

しろくまブログ《寝起きドッキリ》
はい、オレンジマルちゃんの部屋に到着した御一行
渋谷「よしあなた行けや!」
横山「ホワイトな」
『(`・ω・´)ゞラジャ』
かわいく敬礼してマルちゃんの部屋に駆け込んでったあなたちゃん
『うわあああ!』
大倉「今なんかあなたの叫び声聞こえへんかった?」
ダダダッ
すごい勢いで戻ってきて横山さんにしがみつくあなたちゃん
横山「おっ///...どうしたん?あなた」
はい、横山さん、あなたちゃんのナチュラルな抱きつき癖にいちいち照れるのやめましょう。バレバレですよ
『なんかめっちゃモワモワしとった💦』
「「「モワモワ?」」」
見事にハモってましたね素晴らしい
恐る恐るマルちゃんの部屋に突入する四人笑
横山「うわぁ...」
渋谷「湿度たっか」
『あっ...』
「「「あなたどうした?」」」
『...加湿器w』
渋谷「マル...あいつきにしてんやな笑」
『ジャングルみたいや笑』
加湿器のため湿度高めのオレンジさんのお部屋
『プロ意識すごいな...』
あなたちゃん感心するとこそこ?
皆で筆でコショコショ→マルちゃん起きる
「「「『おはようございまーす♪』」」」
渋谷「おまっw汗やばいなw」
『マルちゃん大丈夫ー?』
丸山「あなた~おはよ~」
お部屋にあったタオルでマルちゃんの額の汗拭いたげてるあなたちゃん
いやカップルですか?付き合ってますか?ついに公開イチャイチャですか?ですよね?
もうおめでとうとしか言いようがない
おめでとう
「なんか俺ら...」
「忘れられとる?」
大倉「ちょっ!まるだけズルい!俺にも」
丸山「僕の特権ですから~♪」
どっちが汗拭いてもらうかで喧嘩する倉丸かわいい
『えーと笑』
横山「マル!大倉!ここで喧嘩しとったら余計汗かくだけやろ!次イエローんとこ行くで!」
NEXT⏩イエローの部屋