プリ小説
君を想って空を見る
恋愛

君を想って空を見る

0
1
18
2018/03/21
連載中
“嗚呼、いくら私が叫んで藻掻いても貴方は私を思い出してくれないのでしょうね。”

あの日、私が落ち着いていれば貴方はこうなることはなかった。
どれだけ後悔しても遅かった。
私の事を忘れた貴方は私になんて目も向けず、これから先私じゃない誰かと人生を歩んで行くの?
お願い…思い出して…

チャプター

全3話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ