無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

反日のおっぱ
前のチャプターへ戻る

第8話

お仕置き②
グクおっぱは私の下着を剥ぎ取るように
とっていきなり指を3本入れてきた
you
い、痛ッッ…
グク
どんどん濡れてくんじゃんㅎㅎ
まだ入りそうだね?
そういっておっぱは指をあと2本入れてきた
今入ってる指は全部で5本、
you
おっぱ……
何本入ってんのっ、、!
グク
さぁね?
何本でしょうㅎㅎ
そういって指をバラバラに折り曲げていく
you
ん、おっぱぁ……!!!
グク
あ、イったね、
そろそろこれ使えるかな、
そういっておっぱはピンク色の
小さなローターを取り出した
グク
何秒耐えられるかな、
ヴヴーーーーッッ
you
んぁぁぁぁッッッッ!!!
私は一瞬でイった
グク
一瞬じゃんㅎㅎ
そう笑いながらもおっぱはローターを
止めようとはしてくれない
you
おっぱぁッ!!
止めてぇ……!!
グク
やーだ
お仕置きだもん
イキっぱなし体験してみようか?ㅎㅎ
you
んぁぁぁぁッッッッ!!!♡
どうしよう、
イキっぱなしってこんなに
気持ちよかったんだ、、


お仕置きの筈なのに
ものすごく感じてしまう
グク
めっちゃ感じてんじゃんㅎㅎ
じゃあしばらくこのままね?
you
やだっっ
おっぱのがいいっ
グク
可愛いこと言うよね、
俺もそうしたいけど
今日はだめ、
お仕置きだもん、
身体に覚えさせないとね、、?
そういってこの行為はずっと続いた




やっと終わった時にはもう辺りは暗かった
グク
はぁ、、、
なんで👦とあぁなったの?

まぁどうせ告白されたついでに
やられたんだろうけど、、
もっと気をつけろよな
you
うん、、
おっぱごめんね…
愛してるよ
グク
俺も愛してる






プルルルルル
you
ん、電話だ
誰だろ、、、、
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡