無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

お仕置き①
あの後なんとか場はおさまって、
おっぱと家に帰った
you
お、おっぱ…
これはね、違くて…
グク
そんなの知らない


おっぱはキスをしてきた
you
ん、おっぱ、、
話聞いて… ん…
話なんて当然聞いてくれなくて、
どんどんキスは深くなっていく
you
おっ…ぱ、、!!
息、、できない、、、
苦しくておっぱの胸をとんとんと叩く
グク
、、、今日はお仕置きだから
あんな奴とキスまでしちゃって
おっぱの手が私の服の中に入っていく
you
ん、くすぐったい、、
そして私の膨らみを揉んできた 
その手は全然優しくなんかなくて
気持ちよさよりも痛みを感じる
you
おっぱ痛いっ……
もっと優しくしてっ、
グク
何言ってんの?
お仕置きだって言ったじゃん

まだまだこれからだよ?













嘘でしょ、、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ちょん
ちょん
너만 바라보는 바보. ぜひ ♥.★ お願いします‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る