無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

どうしよう
you
おっぱ…
ちょっと話聞い…て…?
グク
え?何?
まさか日本人じゃないよね、
日本と韓国のハーフとか?
それでも日本の血は入ってる訳だし
俺の事騙してたんだよね?
え、俺が反日ってこと知ってるよね?
you
ちょっと待って、
聞いて?
you
ごめん、
私日本人なの…
私おっぱに一目惚れして、、
反日のおっぱには近づけないって
分かってたけど 私の事皆韓国人だと
勘違いするから… わざわざ
自分から日本人って言って皆が
離れていって欲しくなかったの、、
you
言い訳だよね、
分かってる
you
ごめん、ごめんおっぱ…



私の目から涙は止まらないわけで

勿論悪いのは騙してた私



もうおっぱからは離れないと行けない、
分かってても 受け止められない
you
おっぱ、、グスッ
グク
((バタッ
おっぱは家を飛び出した





___当たり前だよね、


私は荷物をまとめ始めた
you
日本に帰ろっかな、、、








おっぱ さらんへよ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ちょん
ちょん
너만 바라보는 바보. ぜひ ♥.★ お願いします‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪‪!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る