無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

異形者
霊夢 ふぅ....

魔理沙 終わった.....

妖怪を倒した霊夢達は、神社に戻ろうとしていた。

霊夢 .....博麗の巫女の時代は終わり...ふざけんじゃないわよ....。

魔理沙 だよな、あそこまで言わなくても...。

霊夢 確かに私は弱いかもしれない、けど、異変は必ず解決して来た...それなのに...。

魔理沙 気にすんな!霊夢らしくないぜ?

霊夢 ....わかってるわよ。

そして戻ろうとする2人だが...

魔理沙 なあ、なんか生臭くないか?

霊夢 確かに....

2人の鼻は少し曲がってしまう。何か生魚が腐ったような異臭がするからだ、よく見ると向こう側に赤い液体がある、匂いの原因だろうか、まだ新しいとパッと見ればわかってしまう。そこを辿ってみると...。

? グルァァァァ!

なんと全身が黒い狼のような体長3mの怪物が人間を噛みちぎっては飲み込み喰らっていた。

魔理沙 やばすぎだろ....

霊夢 っ、こっちに気づいたわよ!?

? グルァァァァ!

彼は2人を見つけると咆哮を上げ、素早く突進してきたが、2人は余裕で躱す。しかし、その先には偶然通りかかった人間の少女がいた。

霊夢 しまった!

? ガァァァァァァ!

少女 キャァァ!

無残にも、少女は救出が間に合わず、怪物に頭を喰われ、首がなくなり、倒れた。

霊夢 そんな....!

魔理沙「やろう!」

2人は怒りに震える。だが、怪物はその隙にほとんどの人間を喰らっていたようで、更に2人の怒りは強まる。

霊夢「結界発動!」

霊夢は生存者達を巻き込まないように周囲に結界を張り、再び構える。

?「グルァァァ!」

そして怪物は2人に向けて咆哮を上げ、走り出す。


続く