無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

第十五話
45
2021/11/01 13:08
マイキーside


携帯に送られてきた地図の通りにバブを走らせ、辿り着いたのは一つのタワーマンション。

あなたちゃん、こんなところに住んでんの?

目の前に聳え立つ大きな建物はテレビでもよく紹介される都内でも高級と言われる一つ。
俺でも知ってるその建物は確かにあなたちゃんから送られてきた地図と同じ場所。

マジかよ…俺が知らないだけで灰谷兄弟って結構金持ちなのか?
竜胆
竜胆
ん?お前、マイキーか?
佐野
佐野
!灰谷弟じゃん
竜胆
竜胆
お前、こんな所で何してんだ?此処俺たちの家だけど
佐野
佐野
あなたちゃんに呼ばれて来た。てか灰谷兄は一緒じゃねえの?
竜胆
竜胆
兄ちゃんはまだ半間のところ。あなたに呼ばれたんならしょうがねぇか。案内してやるから着いて来い
佐野
佐野
ん、
前を歩き出す灰谷弟の後を追い掛け、タワマンのエントランスに足を踏み入れる。

外観もそうだったけど、中もすげぇ高級感溢れてるな。

キョロキョロと周囲を見渡す俺の耳に僅かに小さな笑い声が聞こえてきた。
笑い声のした方を向けば、灰谷弟が俺に背を向けて肩を震わせていた。
佐野
佐野
何笑ってんだよ、灰谷弟
竜胆
竜胆
いや、随分と珍しそうに見てんなぁと思ってな。しかも、此処に初めて来たドラケンと全く一緒の反応だし
佐野
佐野
へぇ、ケンチンも同じ反応だったんだ
竜胆
竜胆
どれだけ喧嘩が強いって言ってもやっぱりまだまだ中学生だな
佐野
佐野
あ?子供扱いすんなよ
竜胆
竜胆
ハッ
チッ、ムカつく。

俺の睨みにも怖気付くこともなく鼻で笑ってきた。
此処で喧嘩するわけにもいかないので睨むだけに留めたが、ムカつくモノはムカつく。

ってかコイツ、こんなにものんびりしてるけどケンチンの今の状況を知らねぇの?

灰谷兄も一緒じゃないってことはまだ知られてないんだろうな。

灰谷弟と一緒にエレベーターに乗って辿り着いた階数はなんと最上階だった
まさかの最上階かよ…
開いたエレベーターの扉の前には今から会おうとしてたあなたちゃんが居た。
あなた
あなた
あ、マイキー君!
佐野
佐野
あれあなたちゃん、どうした?
あなた
あなた
竜ちゃんも一緒だったんだね。メールにマンションの階数を伝えるの忘れてたと思って迎えに行こうとしてたんだ
竜胆
竜胆
おう、マンションの前で突っ立ってる所見かけてな
あなた
あなた
そっか蘭ちゃんはまだ修ちゃんのところ?
竜胆
竜胆
あぁ。ってか、どうしたんだ?マイキーを家に呼んで
あなた
あなた
あーそれは直接見た方がいいよ