無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

第十三話
50
2021/10/28 06:51

※流血表現、暴○表現あり
龍宮寺
龍宮寺
そういやお前、半間とグルだろ
綺咲
綺咲
は?
龍宮寺
龍宮寺
東卍に入る前からテメェと半間は一緒だったからな、すぐに予想がついてな。此処に来る前にアイツに稀咲があなたを消そうとしてるって話したらキレてこっちに着いてくれたぜ?
綺咲
綺咲
なっ!?
龍宮寺
龍宮寺
アイツも人を思う気持ちがあったんだなぁ。別にお前が何を企み、誰に手を出そうとしてたのかは俺たちには一切関係ねぇよ?けどな…?
綺咲
綺咲
ぐ、ぁ"…!?
静かに近付いてきた堅が未だに地面に倒れる稀咲の腹部を思いっきり蹴り上げた。
両手足を紐で縛られてるため、動けないところに堅からの蹴り。

鋭い痛みが走り、稀咲の口から僅かに血が吐き出される。

痛みに悶えるように身体を丸めようとする稀咲の髪を鷲掴み、無理矢理顔を上に上げさせ…
龍宮寺
龍宮寺
あなたに手を出すってんなら話は別なんだわ
綺咲
綺咲
っ、!
龍宮寺
龍宮寺
あなたは俺にとって唯一の存在で、絶対に失いたくない存在だ。そんなアイツを俺から奪おうってか?随分と面白ぇ冗談じゃねぇか、なぁ?大切なヤツに手を出そうとするヤツを見逃すほど、俺も出来た人間じゃねぇし優しくねぇんだよ。だからよ、さっさと潰させてもらうわ
蘭
まぁ安心しろよ、殺しはしねぇから。ただ、俺たちの大切な妹に手を出そうとしたことはたっぷりと後悔してもらうからなぁ
竜胆
竜胆
それでもまだあなたに手を出すつもりなら俺たちも容赦なくテメェを消す、そのつもりで居ろよ?
稀咲は今この瞬間、本当の彼らを垣間見た気がしたし、あなたに手を出そうとしたことを激しく後悔した。

灰谷あなたは彼らの地雷だった。

愛する存在が居る者は守るためならいくらでも強くなれるとはよく聞くが、彼らのそれはそんな生易しいモノじゃない。
守るためなら手段を選ばない、排除することにも躊躇いがない。
ある意味で不良らしい彼らのやり方。

鋭い光を帯びるその眼光は正に怒り狂う肉食獣のそれと同じ。
対して自分は肉食獣の地雷をスキップで踏み抜いた哀れな草食動物。
龍宮寺
龍宮寺
さて、たっぷりと楽しもうぜ
その言葉と同時に稀咲の身体が蹴り飛ばされ、積み上げられたダンボールに突っ込む。

コツコツ、と3人分の靴音が静かな倉庫内に響き渡り、朦朧とする意識の中で稀咲が最後に見たのは鋭く殺気立つ堅の振り上げられた拳だった。