無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

102
2021/06/16

第2話

2
『お兄ちゃん〜』

田中「ん?」

『明日実家帰る?』

田中「offだからな」

田中「ひなは?」

『offだから帰ろうかなってだから一緒に帰ろう?』

田中「いいよ」

実家
『お母さん〜』

母「ひなに樹」

彗「あ、ひな」

『すばにぃじゃん…』

聖「相変わらず仲悪いな」

『仲悪いんじゃない すばにぃが抱きついて来るから』

彪「樹に抱きついてんじゃん ひな」

『それは、お兄ちゃんが好きだから』

田中「可愛いくない?まじで北斗羨ましいわ」

父「ひな、樹おかえり」

ひなじゅり「『ただいま』」

『あ、お父さん』

父「ん?」

『後お母さんも』

母「どーしたの?」

『主演映画とドラマ決まりました』

みんな「おめでとう!!」

『ありがと』

一成「相手役は?」

『映画がほく』

『ドラマが志尊淳くん』

田中「最大の敵だ」

『えぇ?笑』

聖「撮影は?」

『ドラマは終わった』

『映画は明日から』



『また,来るね』

田中「ひなほんとに帰るのか?」

『明日仕事だからね』

松村「いい加減離れろよ」

田中「ギュー))無理」

『お兄ちゃん 明後日楽屋行くからね?』

田中「わかった」

松村「お邪魔しました」

一成「いつでも来いよ」

彗「待ってまーす」

聖「ひなの事よろしくな」

彪「樹元気出せ」

田中「あ〜ひなぁ」

『じゃあね』