無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
78
2021/06/17

第4話

4
『ほんとバカ!!』

岩本「どーした笑」

『ほくがさ朝方までやって来たの!!』

『お陰で腰痛い』

深澤「寝れたのか?」

『寝れてないよ あいつは寝てるけどね』

松村「誰があいつだ?」

『…』

『涼ちゃん助けて〜』

宮舘「俺に助けて求めないでよ笑」

『亮平…』

阿部「北斗その辺にしといてやりな?楽屋いきな」

松村「今京本1人だったから来た」

『ギュー))じゃぁいいよ』

松村「ほんと、急に抱きつくなよな」

『(*´ ˘ `*)♡エヘヘ』

松村「可愛いからいいけど」

渡辺「ひなってなんでそんな可愛いわけ?」

佐久間「やっぱり樹の妹だから?」

向井「あそこは兄妹揃って美男美女やからな」

ラウ「樹くん好き?」

『お兄ちゃん優しいし,かっこいいし,身長高いし?もう完璧!!もう好き!!』

宮舘「北斗の顔やばいから」

松村「あれ彼氏の前で言う奴います?」

深澤「いる奴も居るんじゃない?」

松村「あいつ、今日はお仕置だな」

岩本「先に言っとく明日ダンスの練習あるから」

松村「了解です」
『ラウ〜』

ラウ『はーい』

『ギューしよ?』

ラウ「え?」

阿部「ラウ?どーしたの?」

ラウ「いやぁ,康二くん嫉妬するなって」

向井「するけどええよ?ひななら」

阿部「だって,良かったなラウ優しい彼女で」

ラウ「阿部ちゃんに言われたくない 阿部ちゃんも優しい彼女じゃん」

佐久間「そうでやんすよ」

『ねぇ,ラウ』

ラウ「ギュー))ひなちゃん身長低いからすっぽりだ」

『2cm伸びたもん』

ラウ「162cmだ」

『そうだもん』

『ひーくん伸びたよね?私』

岩本「伸びたよ」

『やったぁ〜』

『辰伸びたって言われた めっちゃ嬉しい』

深澤「良かったなひな」

『うん!!』

『後は大ちゃんを超すだけ』

佐久間「出来るのかな?」

『出来るもん多分』

髙地「リハ室で話すのいいけどさもう少し端っこで話して?」

『優こわぁーい』

髙地「どこがだよ」

京本「あ、ひなぁ〜」

『大我〜』

『ギュー))大我今日も可愛いね』

京本「かっこいいって言って欲しいんだけど?」

スノスト「(カップルか!)」

目黒「北斗くん嫉妬しないんっすか?」

松村「嫉妬しない彼氏がどこにいるんだよ」

田中「北斗,目笑ってない」

松村「イキ地獄確定だな」

田中「お前、ひなの腰考えろよ?」

松村「わかってるよ」

『チラ)).。.:*・'(*°∇°*)'・*:.。.』

田中「北斗手広げてみ」

手を広げる北斗

『ギュー))やっぱりほくが1番落ち着く』

松村「(やっぱり今日普通に襲お)」

『ほく?』

松村「ん?」

『考え事?』

松村「いや、ひな可愛いなって」

『(*´ ˘ `*)♡エヘヘ』

スノスト「天使だ」

『天使?どこ?』

松村「ひなだよ?」
『ひな?』

松村「そーだよ?」

『お兄ちゃんひな天使なの?』

田中「天使だよ?」

『天使って事はひなは死んじゃってるの?』

田中「違うよ?」

『そーなの?』

松村「死んでないけどひなは可愛いから天使ってみんな言ってるんだよ?」

『ほくも天使って呼んでるの?』

松村「天使だからね ひなは」

ラウ「ほんとに僕の3つ上なの?」

『そーだよ?』

京本「ひなってよく見ると3歳児」

『ひな3歳児?』

田中「聖とかにも言われてる」

『ほく,(っ ̯ -。)ネムタイッ』

松村「岩本くんひな寝かしてもいいっすか?」

岩本「1時間だけなら」

『ギュー))…zzZ』