無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

タイプ
斉藤壮馬くん
あなたみたいな人タイプじゃないけど…笑
斉藤壮馬くん
俺が「クールビューティ系が好き」って言ってるのに真逆のフリフリのかわいい洋服買うし、外に出してくれるアウトドア なんて程遠いし、付き合ってるのに他の人に「好き!」って言って「この人本当に俺の事好きなのか…?」って思うレベルだし、家事苦手だし、俺は甘えたいのにあなたは作業中 あなたが甘えたいのに俺は作業中、みんなに好かれてるのに自己肯定感低いし、落ちると「生きてる価値は…」「あなたの一人称には何ができるの…」ってなるのにアガると「壮馬と会えてよかった」「生まれてこれた嬉しい」「生きてるよ」とかすっごい笑うの笑
斉藤壮馬くん
すっごい不思議でフラフラしてて今にも消えそうで手の中に居るのに手に届かない感じして「そーまっ!!」って元気いっぱいなのにメガネ掛けてパソコンに向かうと真剣に仕事と向き合うのにメガネ外すとまた「そーま今日のご飯なーに?」「明日お仕事ある?」「あなたの一人称たち運命の人なんだよ!」とか可愛いこと言っちゃう可愛くてかっこよくて不思議で安心する素敵な人なんだよ
斉藤壮馬くん
そんなあなたが好き。
ぎゅぅ
あなた
タイプじゃないなんて酷いな〜!!!笑あなたの一人称も愛してるけど!!!
齋藤結衣
……あなたちゃん、どうかお兄ちゃんを幸せにしてね!
あなた
ありがとう〜!またイラスト送るねー!!
斉藤壮馬くん
えっ
齋藤葵衣
あ、お姉ちゃんも私もあなたちゃんにメッセージでイラスト送って貰ってるんだよ?
斉藤壮馬くん
えっ待ってメッセージでやり取りしてるの?
 あなた&結衣ちゃん&葵衣ちゃん 「うん」
斉藤壮馬くん
2人ともお兄ちゃんには滅多に連絡くれないのにー!
齋藤葵衣
だって連絡することないもん
斉藤壮馬くん
あなたにはあるの?!
齋藤結衣
だってあなたちゃんとはそんな頻繁に会えないし
斉藤壮馬くん
お兄ちゃんとも頻繁に会ってないでしょ!
 結衣ちゃん&葵衣ちゃん 「…………」
斉藤壮馬くん
えなんかすごいショック。
あなた
2人ともお兄ちゃんにも連絡してあげてwww
齋藤葵衣
覚えてたら
齋藤結衣
気が向いたら?
斉藤壮馬くん
冷たい……
壮馬母
まぁまぁ今日はお仕事は大丈夫なんか?
あなた
はい今日は2人とも1日offなんです〜
壮馬父
じゃあ夜までいんさい
斉藤壮馬くん
でも山形から東京ってなかなか距離あるよ?3時間弱くらいかかるし…
齋藤葵衣
9時くらいに帰ればいいじゃん!!
壮馬母
終電8時やんな?8時までいりゃあええやん
あなた
えっと…終電は20:44なんでそれまでに帰れるなら大丈夫ですよ〜?壮馬明日は仕事昼からだっけ?
齋藤葵衣
泊まっていけばいいじゃん!
あなた
あなたの一人称仕事が7時からあるんだよね…
齋藤結衣
えぇ残念…
あなた
ごめんね?また時間に余裕があるとき来てもいいですか?
壮馬母
もちろんおいで?この子達も喜ぶで〜!
齋藤結衣
あなたちゃん待ってるな!
あなた
ありがとう〜
齋藤葵衣
ねぇねぇお母さんお腹空いたー