無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

江口さん
収録当日
江口拓也くん
宜しくお願い致しますー
あなた
よろしくお願いしまーす!
そう、江口さんが攻めになった
あまり気分は乗らない、少し羞恥心があるがそんなのは関係ない
あなたの一人称がどう思っても収録は始まる








江口拓也くん
「…ねぇ挿入れていい、?」
あなた
「いぃよ、?」
江口拓也くん
「、好き、好きだよ」
あなた
「お、おれも……っ♡♡すゅき……ッ」
江口拓也くん
「ねぇ、中で出していい?」
あなた
「す、きぃっ♡すきだよ、♡」
江口拓也くん
「は、い、いくっ」
あなた
「ん、いっちゃうよ…ぉ♡」
なんかあなたの一人称のセリフは全部語尾に「♡」がついてる
あなた
「んっ、!!あっ、」
江口拓也くん
「…………んっ」
あなた
「あっ、いったばっかだから…………ッ♡♡いじらないで…ぇ♡♡」


















江口拓也くん
「ねぇ、1人でしてみてよ」
オナ指示のシーン すっごい恥ずかった
あなた
「や、やだっ」
江口拓也くん
「お願い、」
あなた
「うん、ゅ……」
あなた
「………………や、ぁいくっいっちゃう♡♡」
壮馬とやる時だってこんな激しくないよ
あなた
「…………んっ!」
江口拓也くん
「ん、はぁ……」
リップ音というか、舐める音上手…どう出すんだろう……
あなた
「んっ、んん♡♡」
















やっと終わった
監督
お疲れ様ー!
あなた
ありがとうございました、お疲れ様でしたっ!
江口拓也くん
……大丈夫?
さっきのSな江口さんの声とは違く、とっても優しいいつもの声があった
あなた
……はい、少し羞恥心はありましたけどいい経験になりました、ありがとうございました!
江口拓也くん
そっか、今日飲める?
あなた
いいですよ!
江口拓也くん
良ければ2人で飲みたいんだけど……
あなた
2人で、ですか、?……いいですよ笑













飲み会
江口拓也くん
……おれ、あなたが好きなんだ
江口さんに告白された
酔った勢いだろうか、?
あなた
え、えぐちさん、?
あなた
酔ってます?
江口拓也くん
飲んでるけど勢いじゃない
江口拓也くん
好き。
江口拓也くん
壮馬と幸せにね。
江口拓也くん
これからも先輩、後輩としてよろしくね。
あなた
江口さん……?
江口さんはとっても優しい声でとろーんとした目であなたの一人称と真っ直ぐ向き合ってる
江口拓也くん
好きだけどあなたと壮馬すげぇお似合いだから幸せになれよ
そう言ってお酒を流し込む


口から少しはみ出たお酒が男らしい喉仏を伝っている
「かっこいい」
不覚にもそう思ってしまった
あなた
え、っと……ごめんなさい…江口さんは大好きだしかっこいいし素敵なんですけど
…………壮馬が大好きなんです、愛してるんです。ごめんなさい。
あなた
で、でも!!………………嬉しかったですしかっこいいです……ありがとうございました
言葉を探しつつ話す
江口拓也くん
いひひ笑ありがとう笑大丈夫だよ笑
江口拓也くん
楽しかったしこれからも好きだよ笑
あなた
直球ですね……笑
江口拓也くん
隠したくないから笑
あなた
江口さんらしいです笑