無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

斉藤壮馬くん
……月が綺麗だね…
壮馬が窓際の空の見える他の人の目が気にならない席にしてくれたから月も星もよく見えた
あなた
壮馬のおかげだね、壮馬と見るからだね笑
斉藤壮馬くん
ずっと俺と月を見てくれる?
あなた
今までずっと月が綺麗だったよ
斉藤壮馬くん
…こんな俺だけど俺と一緒に人生を歩んでくれませんか、?
斉藤壮馬くん
愛してるよ、結婚してください
あなた
……もちろんっ笑
あなたの一人称の左手に月が輝いて



瞳も反射して輝いていた
店員さん
おめでとうございます、こちら当店からお二人に向けたケーキです
あなた
ありがとうございます、笑
斉藤壮馬くん
ほらいちごタルト!美味しそうでしょ?笑
あなた
うんっ笑
彼はさっきまでの真剣なかっこいい表情から可愛い子どもみたいな笑顔に変わった
それが可笑しくて、可愛くて、大好きで、あなたの一人称も釣られて笑った
斉藤壮馬くん
ん〜おいしいよあなたも食べな?
あなた
食べ始めるの早ww
あなた
いただきまーす
あなた
ん!ほいひい!おいしい!
斉藤壮馬くん
ここ笑
壮馬は自分の唇を指していた
あなた
??
斉藤壮馬くん
…おいしい笑
あなた
!?!?!?!?
壮馬はわたしの唇を食べた
あなた
ちょっ、ここ公共の場だよ!?それにあなたの一人称たち一応芸能人!!
斉藤壮馬くん
窓際だから見えないって笑それに結婚は公表するから大丈夫だって笑それにリスナーさんにバレたらホントのこと言えばいいじゃん笑
あなた
大丈夫かな…?笑あ、いつ事務所に連絡する?
斉藤壮馬くん
今日は2人で居たいな〜?
あなた
今日「は」なんだ……
斉藤壮馬くん
ずっと一緒に月を見てくれるんじゃないの?
あなた
見るよ?
斉藤壮馬くん

ずっと一緒にいようね、
あなた
うん、!!
あなた
ご馳走様でした、
斉藤壮馬くん
ご馳走様でしたー
斉藤壮馬くん
帰ろっか笑
斉藤壮馬くん
すいませんお会計お願いしてもいいですか?
店員さん
はい○○○○○円になります
斉藤壮馬くん
お願いします
かっこいい、かわいい、すき