無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

夜ご飯
あなた

みんなー、夜何がいい?

和也
なんでもー
ハンバーグがいいなー
雅紀
カレー
あなた

んーとどうしようか?

和也
ハンバーグでいいんじゃない?
雅紀
あー確かに。翔いつも頑張ってるからね!
うん
いいの?
あなた

いいよ!じゃあハンバーグね!
材料買ってくるからさ、留守番しといて!

わかったー
和也
うんー
雅紀
わかった
うん〜














というわけで、買い物中ー
あなた

よしっと。これで全部買えたかな?











ほしいものを買って、帰り道。
ねーねー君?
あなた

ん?

かわいいじゃん!俺らと遊び行こーぜ!
あなた

いや、もう家帰るんで。ごめんなさい。

そう言わずにさーいこいこ
あなた

離してください!

何してるんですか?俺の女に。
あなた

潤!

あぁ?誰お前。
とりあえず、この手をあなたから離せ!
っ!もういいし!
そう言って男はどこかへ行った。
無事か?あなた?
あなた

うん!大丈夫だよ!

そっか。安心した。これからは、俺も一緒に買い物行くから。
あなた

いいの?

いいよ。
あなた

ありがとう!