無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

体調不良⁉③__リクエスト
智side



…………やっぱり。








和也しんどそう…








ここは、僕が看病してあげなきゃ!








でも、その前に、母さんに電話!






プルルルル




あなた

もしもし。どうしたの?

和也がしんどくて、早退してきたんだけどどうしたらいいのかな?
あなた

えぇ?ほんとに?今すぐ帰りたいけど今手が離せないから、少しだけ頼んでいい?

何したらいいの?
あなた

そうだね……………









その後、母さんから看病の仕方を聞いた。







和也、歩ける?
和也
ん……無理かも。
じゃあ、持ち上げるよ。


そう言って、僕は、和也を持ち上げてベッドまで運んだ。





じゃあ、熱はかるよ。
和也
うん。
………えっと、
え、





体温計を見ると、39,6をしめしていた。








こりゃ、しんどいはずだよな〜








そして、しばらくすると、和也は寝てしまった。








これで、僕の、役割も終了かな?







僕は、部屋から立ち去ろうとした。























和也
………待って。
ん?どうしたの?
和也
行かないで。
あー。わかった。






しんどいから、弱ってるのかな?そう思った。








④に続く!