第22話

21
854
2020/01/05 13:15




















じみん오빠に






『これ着て!』




って、なんか服を上下貰ったけど着てみたらあんまりにも大きくて



私にはワンピースみたいになりました










u
u
うーん、もう上だけでいいか




きっと下はいてもずり落ちてくるだけだよね...





てか私ほんとに오빠と同じベッドで寝るの?






なんかやだー







だってやっぱりさっきから胸のここら辺が痛いんだもん...((どこら辺











じみん
じみん
あなた着替えたー?って、エロ
u
u
さっきからまじで変態だよね
私変態って大っ嫌いなんだよねー
じみん
じみん
うわ、今のめっちゃ傷ついた
u
u
あらそーですか
じみん
じみん
俺変態じゃないんですけど?
u
u
じゃあ私のおしり触るのやめてください?
じみん
じみん
ははー、バレたか
u
u
変態すぎね
じみん
じみん
もう寝よ
u
u
ほんと、スグ話しずらす
じみん
じみん
へへっㅋㅋ
u
u
(  ー̀ н ー́ )ムス⋯
じみん
じみん
何その顔
u
u
怒ってますよの顔
じみん
じみん
あなた怒ってるの?ㅋ
u
u
怒ってるよ





逆にこの状況で怒らない人なんているかよ...






おしり触られて変態発言されるこの男と私は今晩...いや、、




明日から毎日寝ないといけないのか...






오빠にベッド買ってもらいたいな





や、でも오빠に欲しいって言ったらなんか変なの買われそう...






自分でお金稼ぐしかないのかな...




でも、バイトとかめんどくさいよね





なんか楽してお金稼ぐ方法ないのかな




てかやっぱりもう海に帰る?





そろそろ嫌気さしてきたよ





この変態エロジジイに





じみん
じみん
って、話聞いてた?
u
u
あー、全部聞いてなかった
じみん
じみん
うわ、最悪
u
u
どんな話?
じみん
じみん
折角勇気出して話してたのに聞いてないとか...






なんか오빠はぶつぶつ言いながら、



私の手を引いて寝室まで来ました









何話してたんだろ、、、




勇気出して話してたって言ってたよね





何を話してたんだ...?













じみん
じみん
もー寝る
u
u
おやすm((
じみん
じみん
ちゅっ
u
u
は?
じみん
じみん
おやすみ






いやいや、今の問題行動でしょ...


もー訳わかんないや



でも、いましたキスは


最初初めて会った時みたいに何も感じなかったわけじゃない




私の中で何かの感情が芽生えた





それは何かは分からない。





何かが私の中で変わり始めてる



何かが私の中で動いてる



何かが始まる


変わる私の世界が...いつかは、この気持ちがなんなんなのか知れたらいいな



私が海に帰っちゃう前に。














てんきゅっ

プリ小説オーディオドラマ