無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第56話

本編
あなたside



どーしよ・・・



立てない・・・っていうか力が入らない・・・・・・
すると、急にジェルくんがしゃがんだ
あなた

ジェルくん
乗りな?
"歩けないやろ?"そう言って笑うジェルくん


申し訳ないから遠慮しようって思ったけど



流石に歩けそうな気がしないので





ジェルくんに甘えることに・・・
あなた

ありがとう・・・・・・お兄ちゃん・・・・・・w

ジェルくん
ええなぁ〜wお兄ちゃんw
さとちゃん
てか、いっその事俺ら兄弟でーす!って言っても怪しまれなそうww
なーくん
www仲良しだもんね〜
莉犬くん
なんか楽しそうだね!w
るぅちゃん
さとみくんが長男で、なーくんが次男、ジェルくんが三男でころちゃんが四男、五男が莉犬で六男が僕で、長女兼妹があなたってことですね!w
ころちゃん
いんじゃね〜?wシェアハしてる時点で家族みたいなもんだし
あなた

ってことは、私は一気に6人のイケメンカラフルお兄ちゃんが増える・・・っと・・・www

さとちゃん
美男美女兄弟w
ころちゃん
あ、自分で言っちゃうスタイルなんだねさとみくんw
あなた

でも6人のイケメンお兄ちゃんは頼もしいわw

あなた

てかなんか、6人とも落ち着くんだよね〜

あなた

頭撫でられたりおんぶしてくれたり・・・凄い落ち着く・・・

あなた

本当のお兄ちゃんみたい・・・・・・・・・スゥ・・・スゥ・・・

莉犬くん
あれ?寝ちゃった・・・?
なーくん
疲れちゃったよね〜・・・・・・
ころちゃん
お兄ちゃん・・・か〜!!でもいいかもね!僕あなたのお兄ちゃんだったらやりたいw
さとちゃん
こんな性格よし、顔よし、文武両道、完璧美少女どこにもいないべw
るぅちゃん
ほんとですね〜・・・肌白いですし・・・髪の毛さらさら〜♪
莉犬くん
ほんとだ〜♪
なーくん
でも、7人兄弟って相当の大家族だよねw
ジェルくん
しかも6人は成人男性で、1人は未成年の女の子
さとちゃん
まあ、今まで通りで、いいんじゃない?
さとちゃん
たまにあなたのお兄ちゃんになる!みたいな?
莉犬くん
・・・・・・【無言で頭撫でる】
ころちゃん
どうしたの?莉犬くん
莉犬くん
んーん!  るぅちゃん!後で部屋ね!
るぅちゃん
わかってます
家に帰り、それぞれの部屋へ・・・