無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

すとぷり結成2年目突入!
あなたside
はい!なんと今日はすとぷり結成2年目突入ということで!!私の家でパーティーします!!

なので、晩御飯とケーキを今のうちにね、作ってるんですよ♪もちろんプレゼントも手作り♪喜んでくれるかなぁ♪


ピーーンポーーーン!

あれ?みんなはまだ来る時間じゃないんだけどな・・・・・・
【モニターを見る】
「すとぷりのゆきちゃんですよね?!」
あなた

(え、リスナーさん?!でも、なんで家バレてんの?!)

「出てきてくださいよ〜」

「え?すとぷりのゆき?」

「てか、ゆきいらなくね?すとぷりに」

「なんか、なーくんもさとちゃんもジェルくんもころちゃんもるぅとくんも莉犬くんもみんなの物なのにさ!独り占めしてるみたいで無理」
あなた

(しかも3人も・・・・・・怖いよ・・・どうしよ・・・・・・なーくん・・・に電話・・・・・・)

プルルルル
なーくん
はいはい?どうしたの〜
さとちゃん
あれ?あなた?【奥の方から】
ころちゃん
ねぇー!さとみくんマジだるい!!【奥の方から】
るぅちゃん
ころんせんせ!うるさいですよ!なーくん電話中です!【奥の方から】
あなた

どうしよ・・・なーくん・・・・・・

なーくん
・・・どうしたの?あなた
すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
?!【なーくんの声にびっくりして黙る】
あなた

あ、のね・・・・・・多分リスナーさんが・・・・・・家の前に・・・

なーくん
?!
莉犬くん
なーくんどうしたの?
ジェルくん
ななもりさんどうしたんすか?
なーくん
今行く
ピッ

(因みに一軒家で裏口もあります←)
なーくんside
あなた

あ、のね・・・・・・多分リスナーさんが・・・・・・家の前に・・・

なーくん
?!
リスナーが家の前に・・・?住所特定されたか・・・・・・声も震えてる・・・怖いだろうな・・・早く行かなきゃ!
なーくん
今行く
ピッ
ジェルくん
ななもりさん?どうしたんすか?
みんな心配そうな顔をしながら俺の方を見る
なーくん
今すぐあなたん家行くよ、準備して
るぅちゃん
・・・住所特定・・・とかですか・・・?家にリスナーが来たとか・・・
莉犬くん
?!
なーくん
るぅとくんの言う通り・・・リスナーがあなたん家の前にいる・・・
ころちゃん
早く行こ!裏口から入れるから!!【鍵を振り回してる】
ジェルくん
その鍵なんや?
ころちゃん
あなたん家の裏口の合鍵!
みんな走りながら会話中
るぅちゃん
なんで持ってるんですか・・・
ころちゃん
いつでも来れるようにってくれた
裏口の鍵開けて入る
すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
あなた!!
あなた

み・・・んな・・・【ポロポロ】

あなたside
すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
あなた!!
あなた

み・・・んな・・・【ポロポロ】

なーくん
大丈夫?【背中をポンポン】
「すとぷりにゆきいらなくね?」

「早く出てこいよ〜ゆきの家だって言うことはわかってるんだからな!」
すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
ッ・・・・・・
ころちゃん
荷物まとめろ
あなた

え?

ころちゃん
早く荷物まとめろ!
あなた

う・・・うん

荷物まとめて、ケーキと夕飯持ってけるだけ紙袋に入れる(7人で手分けして持ってる)
ころちゃん
取り敢えず僕ん家に変更な
なーくん
うん・・・そうだね
ころちゃん家へ
るぅちゃん
大丈夫ですか?
あなた

うん・・・みんなありがとう・・・!^^*

ジェルくん
でもどうするんや?
さとちゃん
家バレてるしな・・・
なーくん
いっその事シェアハウスしちゃう?wすとぷりハウスころちゃん家でw
ころちゃん
どーせここだろ?・・・まあ、楽しそうだからいいけど(ボソッ
すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
賛成!
あなた

いいの・・・?

ころちゃん
おん  てか、ケーキ食べたい【あなたちゃんの持ってきたケーキを見てる】
あなた

ケーキは夕飯のあとね〜♪
ころちゃん冷蔵庫借りるよ〜

ケーキしまいに行く
あなた

ころちゃん家の冷蔵庫何も無いww

あなた

ねぇ〜wwころちゃんいつも何食べてるのww

ころちゃん
え?ピザとかピザとかピザとか・・・w
さとちゃん
ピザしか食べてねぇーじゃんw
なーくん
どうする?早いけど夕飯食べちゃう?
ジェルくん
食べよ食べよ♪
あなたのご飯♪あなたのご飯♪
あなた

www
並べるから誰か手伝って〜

るぅちゃん
あ、僕手伝います!
並べ終わって
すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
いただきまーす!!!