無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

本編
前回の続きから

あなたside

なんて・・・そんな事なある訳ないけどね



って・・・授業参観どーしよ・・・・・・


親来ませんでした!っでいいよね!
先生
あ、親御さんには絶対!!来てもらうように!!絶対だ!!
マジかよ・・・・・・



先生〜親いませーん!
休み時間
あなた

あの・・・先生・・・授業参観の事なんですけど・・・

先生
早くしてくれないか?俺は忙しいんだ
なんなんこいつ・・・

あなた

私親いなくて・・・・・・授業参観に呼べる人居ないんですけど・・・

先生
そんな訳ないだろ!本当に親が居ない子だって居るんだ!嘘つくな!!
あなた

いや本当ですけど

信じてくれないんか・・・・・・


なんなん?!


ほんとに居ないんやけど・・・




だって捨てられたもん


親居ないも同然じゃん・・・・・・
先生
お前そんなやつだったんだな・・・失望した
は?!





屋上


・・・・・・・・・なんで・・・お父さんとお母さんは私の事捨てたの・・・?

私・・・要らない子だったのかな・・・・・・

なんで・・・なんでよ・・・・・・


死んだら楽になるかな・・・・・・


でも・・・死んだら・・・ゆきとしての活動が出来なくなっちゃう・・・


メンバーにもリスナーのみんなにも迷惑かけちゃう・・・

それはダメ・・・・・・



じゃあ私はどうしたらいいの・・・?
・・・・・・はぁ・・・



取り敢えず置いておいて・・・



授業参観について・・・・・・

メンバーに頼むか〜・・・・・・


でも流石に6人全員はキツイよね・・・



んで、莉犬は辞めた方が良さげ

ころちゃんも1回顔見られてるし辞めた方が・・・

あとは、ななさとじぇるぅと・・・・・・でもなぁ〜・・・

なーくんはなんか忙しそうだしるぅちゃんはmixとかあるだろうし・・・


ジェルくんはなんか女子たちや親を誘惑して授業参観どころじゃなさそう・・・


じゃあ・・・さとちゃん・・・?


1番年上だし・・・若めのお父さんに見られる・・・かな・・・?


まあいいや・・・帰ったら相談してみよ・・・



うん←



児童は速やかに下校してください←

もう下校時間?!はやw


何時間私ここにいたの・・・・・・・・・


ってかここ大学だよね


なんか駄作者の小学校化してない?!www




まぁ、大学なんて行ったことないから


全てが想像なんだけどね






荷物もって門まで歩いていく
ころちゃん
よっ
なんか、ピースの人差し指と中指をくっつけてカッコつけたようなポーズをしながら


門に背中をつけてこっちを見ているころちゃんが・・・・・・・・・



かっこいいよ?!かっこいいけど・・・・・・なんでここにいるん?!


来なくて良いって言ったやん・・・
ころちゃん
来なくて良いって言ったのに・・・って思ってるでしょ?
あなた

よく分かったね






ころちゃん
当たり前【わしゃわしゃ】
髪がぐちゃぐちゃになるまで頭を撫でてくる
ころちゃん
つい最近にストーカー被害あったでしょ。←番外編参照
ころちゃん
だから・・・・・・心配で・・・
聞こえてるよ〜ころちゃんwww


心配・・・してくれてたんだね
あなた

・・・ありがとう!ころちゃん!ニコッ