無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第55話

本編
あなたside


手当てして〜・・・



私はまだ話せるような状況じゃないため、医務室?で、子供組3人とジェルくんと待機中


リーダーのなーくんと最年長のさとちゃんが代表して

スタッフさんから事情聴取し、防犯カメラ等の映像を使って


警察と話してる
るぅちゃん
ごめんね・・・あなた・・・・・・ゆっくり呼吸しようね
あなた

はぁ・・・・・・はぁ・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・

ゆっくりるぅちゃんが背中を撫でてくれる

莉犬ところちゃんは片手ずつ手を握ってくれてる


ジェルくんは頭をポンポンしてくれてる


すごい落ち着く・・・・・・
莉犬くん
ごめんね・・・早く気づいてそっちに行けてれば傷つかなかったのに・・・・・・
ころちゃん
怖い思いさせちゃってごめんね・・・・・・
ジェルくん
ごめんなぁ・・・・・・なんであなたばかり辛い思いするんだよ・・・・・・っ
なんで最年少で1番頑張ってるあなたが・・・っ
あなた

はぁ・・・はぁ・・・・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・

ななさとが帰ってきて・・・・・・
ジェルくん
どうだった?
さとちゃん
嫉妬だってさ
すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
!【-あなた、なーくん、さとちゃん】
なーくん
なんか、その子ゆき以外の6人推しらしくてさ・・・・・・それでやっちゃったんだって・・・・・・
なーくん
あなた・・・怖い思い・・・辛い思いさせちゃってごめんね・・・・・・これはしっかり警備するよう言わなかった俺の責任だ・・・・・・
あなた

ち・・・・・・がうよ・・・・・・なーくんの・・・・・・せいじゃないし・・・・・・みんなのせいでも・・・ない・・・・・・

さとちゃん
無理するな、休んでな?
あなた

うん・・・・・・



_________

こっからどーしよ・・・・・・←