無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

本編
あなたside


ころちゃん・・・というか、6人とも地獄耳だもんね・・・


先生
授業を始めるぞ






先生
えぇっと・・・・・・○○だから○○で○○になる
先生
ここを〜あなた当ててみろ
めっさ簡単やん!www
あなた

X=○・・・(以下略)です。

先生
違うぞ?何言ってるんだ〜?www
女「くすくす」

ぶり「くすくす」

クラスメイト「くすくす」

親「くすくす」
いや、先生絶対答え知らんやろ・・・


ころちゃんにしっかり教わったしここめっちゃ簡単なところじゃん


みんな馬鹿なの?



あ、馬鹿なのかwww←

てか、授業参観中に笑いながら言う必要ある?!



しかも合ってるのに



あ〜・・・恥をかかせたいのね!

どーせ、この問題の答えがわかる人なんて居ないって思ってるんだろうね



残念!ころちゃんがいるんだよね〜www
ころちゃん
なーくん、いいよね?
なーくん
いいよ
一応私も地獄耳だからね


聞こえてるんよ



まあ、黙ってころちゃんのを聞いてるか〜
ころちゃん
すみませんが・・・この問題の答えはX=○・・・(以下略)で合ってますよ?
席の間の通路を歩きながら話す
ころちゃん
もしかして、先生答え分からなかったりします?www
ころちゃん
それとも、答えられないと思ってたあなたが答えたから意地張って違うって言ったんですか?
・・・・・・自分以外に答えを知ってる人がいないとでも?
私の頭を撫でながら言う



あ〜落ち着くわ〜


なんか、メンバーに撫でられると落ち着くんよね〜
先生
え?!・・・えぇっと・・・・・・
いつものころちゃんじゃないねwww



いつもに増してカッコイイよ!ころちゃん!www
ころちゃん
これでも僕、教師目指してたんで、この位は簡単ですよ
るぅちゃん
あの先生バカすぎません?www
先生
っ・・・
莉犬くん
確かにwwwそれな〜www
ジェルくん
てか、いい歳超えていじめとかバカの集まりじゃんwww【あなたの下駄箱に入ってた悪口の書かれた紙をばらまく】
さとちゃん
何?最近の大学はバカしかいないの?www
なーくん
こーら!4人とも〜ホントのことでも言っちゃいけないことがあるでしょ〜www
るぅちゃん
なーくんそれフォロー?になってないwww
なーくん
あwww
ころちゃん
では僕達はこれで

あなた行くよ
と言ってころちゃんは私の手を引いた
あなた

っうん!!

先生
あ!おい!!
7人で走った


先生達の声は聞こえないふりをして・・・・・・・・・・・・