無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

番外編〜カメラ枠〜
あなたside



はい〜!!今回は!すとぷりみんなでカメラ枠をね!してるんですよ〜!!




番犬のやつです!カードの指示に従って骨とかとるやつ・・・!




な「今回は罰ゲーム付きなのでね!」




ジ「お?」


こ「罰ゲーム・・・」



な「ではやっていきましょう!」



さとちゃんターン


さ「みんな、るぅと見張っといて!またタックルされるわ!」



『wwwえい!』バッグハグ




さ「ちょ//////ゆき//」



る「うわぁ〜さとみくんずるいです」



莉「ないわ〜ずるいわ〜」



ジ「ナンデダヨォォォ」



さ「やめろww」



こ「ねえずるい〜!!」


『www』降りる



『重かったでしょ〜』



さ「いやめちゃっくちゃ軽かったわ。食べてる?」



こ「ヒョイ」



『わっ』



こ「軽っ?!ちょっと誰か毎日ゆき家行ってご飯食べさせてこいよ!ヤベーよこいつ」



『いやちゃんと食べてるよ?』




莉「ヒョイ」



『いやいや、莉犬?!莉犬は流石に折れるって骨』←



莉「酷ない?!てか、軽くね?!え?!やばない?!」←



る「ヒョイ」





る「ほんとだ!めちゃくちゃ軽い!!何食べてきたんですか?!」



ジ「ヒョイ軽?!よし、このままベッドに・・・」









な「そーはさせないからね〜ヒョイ」




『なーくんナイス!てか、みんなよく抱っ


こできるね?私結構体重あるよ?!』

な「・・・・・・今度みんなで食べに行こっか・・・」




『いやなんで?!w』



な『ゆきが軽すぎて心配』



『え?そんなに軽い?』



る「お寿司食べに行きましょ!お寿司!」



『お寿司好きねぇ〜w』




って感じで動画どころじゃなくなりましたとさ♪




後日るぅちゃんの要望でメンバー全員でお寿司食べに行ったんだってさ!勿論・・・なーくんの奢りで・・・・・・・・・←





〜番外編〜
な「あれ?白い骨どこ?」




ジ「掘り起こさないと・・・・・・」




な「ん、わかったバーンッ」←思いっきりトング?でバンってやる





すとぷり「www」



ジ「なんで・・・?!w」




『いやいやいや、初めて見たんやけどw思いっきりトングでバーンッってやる人ww』




莉「俺もwww」




る「ジェルくんまさか、これやらせてなーくんに罰ゲームさせようと・・・?」





な「お?まさかの?」


ジ「いや?違うよ?」




さ「ジェルさいて〜w」



『wwなーくんはジェルくんに続いての天然さだねwwwwww』



ちゃんちゃん♪