無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第60話

本編
あなたside
あなた

でも、私たちが3人でよく一緒に遊んでたって嘘ついてたとして、メリットある?

莉犬くん
無い・・・よね・・・・・・
ジェルくん
ごめ・・・話についてけないんだけど・・・
あなた

あ〜っと・・・・・・・・・今さ、1人の少年と2人の少女が〜って言うニュースやってたじゃん?

なーくん
うん、結構有名なニュースだよね、生きてたら俺たちと同じくらいの歳の子でしょ?
ジェルくん
よくやってたやんな?俺らが子供の頃に・・・
あなた

それ・・・私たちのことなんだよね

すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
・・・え?【ななジェルさと】
さとちゃん
は・・・え?1人の少年と2人の少女・・・?
莉犬くん
あ〜・・・1人の少年はるぅちゃん、2人の少女は俺とあなたのこと
莉犬くん
俺、親に性同一性障がいのこと言ってなかったからさ!娘だってずっと思ってるみたい
さとちゃん
だから2人の少女って・・・・・・・・・って違う違う!!ニュースの事だよ!どういうこと?
あなた

うーん・・・・・・早く言うと家出・・・?というか・・・・・・追い出されたというか・・・・・・うーん・・・

莉犬くん
俺とるぅちゃんは家出だよね
るぅちゃん
うん
るぅちゃん
でも、あなたは・・・・・・どっちなんだろう・・・・・・
あなた

前々から出てけとは言ってたけど・・・うーん・・・・・・

ジェルくん
え?え?え?3人は家出したってこと?
なーくん
ご両親心配してるでしょ?帰った方が・・・・・・
莉犬くん
しょうがないじゃん!!家出するしか手段がなかったんだから!!
るぅちゃん
あのまま居たら!!!・・・・・・あのまま居たら・・・・・・僕達殺されてます・・・あなたも僕も莉犬も・・・・・・これが最善の行動なんです。3人とも生きるためのルートは・・・
すとぷり(時と場合により、夢主ちゃんも)
?!?!【大人組】
え?なんでころちゃんがずっと黙ってるかって?


・・・・・・それは・・・・・・・・・・・・






ころちゃんはね・・・私のいとこなの・・・←←←

主:急な謎設定ごめんなさいー!!!!!((殴


うん。いとこのお兄ちゃん・・・




だから、私の事情は知ってる・・・・・・んだよね・・・うん←←
莉犬くん
ぐずっ・・・・・・
泣いてる莉犬を抱きしめる
あなた

大丈夫・・・大丈夫・・・・・・

一定のリズムで背中をとんとんする
なーくん
・・・・・・ごめん・・・・・・無責任な事言って・・・・・・
るぅちゃん
僕もごめんなさい・・・事情知らないから仕方ないのに・・・
莉犬くん
俺っ・・・も・・・・・・ごめんなさいっ・・・・・・
ころちゃん
元々住んでたところからここは結構離れてるけど・・・・・・時間の問題だね
さとちゃん
ころんは・・・知ってたのか?
ころちゃん
いや?るぅとくんと莉犬くんのは知らなかったよ?
ジェルくん
あなたのは知ってたんか?
ころちゃん
まあね・・・・・・
ころちゃんが頭を撫でてくれる