無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

番外編〜妹×いじめ"ころちゃん"
小4あなた  小6ころちゃん

あなたside


女1「あははwww」


女2「きゃはははwww」


男1「wwwこいつやべぇwwwwww」


笑われて・・・殴られて・・・蹴られて・・・・・・毎日毎日・・・・・・


家に帰るとすぐやることがある・・・それは・・・・・・・・・



『なんで・・・っ・・・・・・なんでっ・・・・・・』ザクッザクッ←?

そう・・・・・・・・・リスカだ

『今日は深くやりすぎたかな・・・・・・痛っ・・・・・・寝よ・・・・・・』


次の日も同じようにクラスの人に殴られ蹴られ・・・・・・


こ「あなたー!」


こいつは、お兄ちゃんのころん

ツンデレでかわいいと色んな学年の女子に人気だ


まあ、こうやって私がいじめられてるのも


兄のせいなんだけどね・・・



だけど、私はお兄ちゃんを恨んでなんかない

今も小さい時も・・・

よく遊んでくれたし助けてくれた・・・・・・



でも・・・・・・・・・来るタイミングバットすぎるでしょ・・・・・・

いじめいけてるところ見られちゃった・・・・・・・・・


( '-' )・・・


女1「きゃー!ころんくーん!!」


女2「こら!年上よ!!」


女3「ころんくーん!私に会いに来てくれたのぉ?うれしぃ!!」


男1「お!ころん!サッカーしねぇ?」

男2「え?ドッチボールしよーよ」


ワイワイガヤガヤ



こ「・・・・・・」

・・・・・・やばいなぁ・・・・・・お兄ちゃんにバレちゃったから・・・家帰ったら・・・

・・・めちゃくちゃ怒ってる・・・・・・



こ「ねぇ、今何やってたの」


女1「きゃー!ころんくんが私に話しかけてくれたわー!!」


女2「いや!私に話しかけたのよ!!」

私!私!と、争ってる女たちにお兄ちゃんは・・・・・・


こ「うっせーんだよ(ガチトーン」


女3人「え」


こ「早く答えろよ」

こ「僕の妹に何してたの」

お兄ちゃんは私を庇うように立ち、私の手を握ってる

やっぱり優しいな・・・・・・


男1「遊んでただけだよwwそんな怒るなってwww」



バンッ!!

こ「いい加減にしろよ(ガチトーン」

こ「お前ら・・・・・・二度と僕の妹に手出すな」

こ「そして二度と僕達の前に現れるな」


こ「このゴミクズが」


勿論いつもよりも声がガチトーンだしすっごい睨んでる・・・・・・


私はお兄ちゃんに手を引かれるまま家に帰った



こ「あなた・・・!!」

お兄ちゃん・・・泣き始めちゃったよ・・・w

まぁ、それだけ心配してくれたんだよね


こ「ごめんね・・・ごめんね・・・」

お兄ちゃんは抱きしめながら泣いている

『お兄・・・ちゃん・・・!!(泣)』


こ「リスカもしちゃって・・・・・・こんなになるまで我慢させちゃってたんだよな・・・・・・ごめんな・・・辛い思いさせて・・・・・・ほんとにごめん・・・」


『お兄ちゃん、自分を責めないで』


『お兄ちゃんが悪いわけじゃないんだから』


こ「でもっ・・・・・・お兄ちゃんが守らなきゃ行けなかったのに・・・・・・」


『ありがとう・・・。助けてくれてありがとう、お兄ちゃん』



こ「あなた・・・」


『お兄ちゃん大好き!!』



こ「///・・・ぼ、僕も・・・・・・大好き///」




________________________


よくわからないけど出来ました(?)

なんやこれ・・・w