無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

続き
な「んで?」


『え?』




こ「なんで遅かったの?」



ジ「あなたのことだから、何時間も悩んでたわけじゃないんやろ?」




る「別に怒ってませんから、取り敢えずリビング行きましょ?」



居るよねぇ〜


"「先生怒ってないので正直に話してください」"っとかいってさ


正直に言ったら言ったで結局怒られるやつ・・・




なんなんだろうね?←




うーん・・・ストーカーに追いかけられてました!



って言う?


そしたらなんか、1人で出かけるの禁止!って言われそう・・・




さぁーって・・・どうするか・・・




る「さ、あなた?話してください?」


こ「先生ね、怒ってないからね?」←




『ころんせんせー それ、最後は結局怒られるんですよ〜』←



こ「wwwほんとそれな!なんなんだろう」←


よし!話をずらせtる「あなた?」



え・・・・・・・・・(´;ω;`)



なんかストーカーより怖くね?




え?


www


言う?ホントのこと・・・え?



結果は目に見えてるよ?←




さ「ほらお兄ちゃんに話してごらん?」



『えぇ〜やd』



る「ん?( ^ω^ )」



・・・・・・・・・・・・

『・・・』



莉「ゆっくりでいいよ。何があったの」



『・・・怒らない?』



ジ「怒らない怒らない」


な「よっぽどのことがない限り俺らは怒らないよ」





こ「僕達に教えて?」【背中なでなで】



『ストーカー』



全-あなた「へ?」



全-あなた「はぁぁぁぁぁぁぁ??!!ストーカーァァァァ?!」←


声でけぇ・・・


あのるぅちゃんでさえ、思いっきり叫んだよ・・・?!



『なんか、買ったあと、つけられてんなぁってコンビニで確認したら案の定ストーカーだった』





る「なんで連絡しないんですか??!!」




さ「俺たちはメンバーだろ?もっと頼っていいんだよ」






莉「そうそう!!最年少はお兄ちゃん達に沢山迷惑かけなさい!頼りなさい!!」










こ「僕、学校の先生目指してたから結構話聞くのは上手い方だよ。いつでもいいから相談してよ・・・・・・」【ぎゅー撫で撫で】






ジ「全く・・・・・・すぐ連絡くれれば迎えに行ったのに・・・」





な「そーそー!!」





な「取り敢えずあなたは1人で外行くのは禁止ね」





『嘘だっ!!!!』←←←




正直に話せって・・・・・・頼れって言ったから話したのに・・・(´・ω・`)



結局1人で出歩くの禁止になっちゃった・・・(´・ω・`)




オチが・・・ww



まぁいっか