無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

sing3
響 詩歌
響 詩歌
あ...の
響 詩歌
響 詩歌
バンドって2人でですか?

少女は おずおずと聞いてきた
染谷  奏
染谷 奏
あ、まぁ...
響 詩歌
響 詩歌
そうなんですね
...いいですよ
染谷  奏
染谷 奏
え?
響 詩歌
響 詩歌
バンド 組みましょう
染谷  奏
染谷 奏
いいの?
響 詩歌
響 詩歌
ただし 一つだけ約束して欲しいことがあります
響 詩歌
響 詩歌
私は記憶が無い
でも あのワンフレーズは大切な なにかなんです
響 詩歌
響 詩歌
その歌はもしかしたら私を あなたを傷つけることになるかもしれない
響 詩歌
響 詩歌
でも 私は真実が知りたい
響 詩歌
響 詩歌
だから 一緒に探しましょう
私たちの 繋がり 記憶を
響 詩歌
響 詩歌
響 詩歌といいます
あなたのお名前を教えてください
染谷  奏
染谷 奏
しいか...?
響 詩歌
響 詩歌
うたか と読みます
染谷  奏
染谷 奏
僕は 染谷 奏
響 詩歌
響 詩歌
かなで...さん?
染谷  奏
染谷 奏
うん
でも君にはそうって 呼んで欲しい
響 詩歌
響 詩歌
分かりました
では、私のことも好きに呼んでください
染谷  奏
染谷 奏
じゃあ しいで


2人の 記憶喪失 曖昧な過去は


混ざっているのか


繋がっているのか




それは後に 分かるはずもない