無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

sing5


次の日
響 詩歌
響 詩歌
そうっ!

しいが頬を紅潮させながら待ち合わせ場所の駅に来た
染谷  奏
染谷 奏
どうした?しい
響 詩歌
響 詩歌
見つけたかもしれません!
しいさんが 考えていたことが!!

しいの考えていたこと...?
響 詩歌
響 詩歌
とにかく そうの部屋に行きましょう!


しいはそう言って我先にと走り出した
染谷  奏
染谷 奏
ちょ しい!


どうしたんだ?




しいのあんなに楽しそうな顔 見たことない





部屋に着いた しいは 僕のパソコンを勝手に起動させた


それから YouTubeで



「弾き語り 佐伯詩歌」

と検索した