無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

sing8


「佐伯詩歌」


検索欄に ゆっくりと文字を打っていく


検索欄に該当したのはたった一つの



4分半のミュージックビデオ



僕は震える手でマウスを動かし


ゆっくりと再生をクリックした







🎼.•*¨*•.¸¸♬🎶•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪

君に伝えたいことがある

ずっと言えなかった一言

君と会ったのはよく晴れた青空の下

君は 眩しそうに目を細めて

空を見ていて

何をそんなに夢中で見れるの?
って思ったりした

後から分かったことだけど

君はひこうき雲を見ていて

ひこうき雲について
暑く語ってるの 可愛かった

君と話す度に

君へのイメージが膨らんで

今すぐ君に伝えたくて


どう言ったら伝わるかな


この胸のときめきを

君が いつか 気づいてくれる


その日まで


🎼.•*¨*•.¸¸♬🎶•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪
染谷  奏
染谷 奏
...ぁぁぁ
染谷  奏
染谷 奏
しいっ ぁぁぁ!!


ずっと 前から



君が好きだったんだ



動画の最後に しいはそう言って 画面が暗くなった



動画が終わったから



それでも僕は涙が止まらなかった




どうして忘れてしまったのだろう





こんなに愛おしくて



大好きな人だったのに


謝り足りない


しい...っ