無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🐶
big hitスタッフ
失礼します。
Youオンマ
失礼します。
You
You
失礼します。(震えた声で)
キム・テヒョン
キム・テヒョン
あ、ヨンタンーーーーーーー!
パク・ジミン
パク・ジミン
ちょ、お前……
キム・テヒョン
キム・テヒョン
あ…………。





メンバー勢揃いだ。










私たちが盗人みたい。









こんな風に認知されたくなかったのに。
ナムジュン
ナムジュン
テヒョン…………





あぁ。









訴えられるんだな。
キム・テヒョン
キム・テヒョン
ありがとうございます!
You
You
え?
Youオンマ
え?





そう言ってBTS全員が頭を下げた。





私たち……










テヒョンの大事なヨンタン奪っちゃったんだよ?
キム・テヒョン
キム・テヒョン
事情をスタッフに聞きました!あの時、ヨンタンを拾ってくれなかったら、今ここにいるかもわかりません!
キム・テヒョン
キム・テヒョン
本当にありがとうございました!





テヒョン………………。









ごめんね………………
You
You
んん〜……………………泣
You
You
ごめんなさい…………泣
You
You
ヨンタンなんて知らなかったの…………泣




泣かないと思ったんだけどな。
パク・ジミン
パク・ジミン
あぁ、泣かないで……
Youオンマ
…………泣
Youオンマ
申し訳ありませんでした。
ホソク
ホソク
いや、そんなに謝罪を………………
ヨンタン
ヨンタン
わん!わん!
ジョングク
ジョングク
ヨンタンも、泣かないでって言ってますよ
You
You
……はい。泣











私、訴えられないんだ。












わたしが好きになった人は











顔も良ければ中身もとてもいい人でした。