無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

No.20
2人ともお風呂から上がってソファーでゆっくりしてる







ふと思ったことを聞いてみた









あなた「竜くんいつまでこの家にいてくれるの?」








竜「……そろそろ帰らなきゃ」







あなた「どこに?」







竜「家?」







あなた「やだ」







竜「なんで笑」






あなた「だって竜くんといると楽しいし、、いつも1人寂しかったんだもん」






竜「ずっと思ってたんだけどさ、」







あなた「ん?」







竜「25なのに彼氏もいないの?」







ウワァぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ







キンダンノシツモン。







それは聞いてはいけませんよ…







あなた「今は!今はいないかな。私に似合う男なんてそうそういないじゃん?ね?うん。」








高校の頃の男タラシが言ってた言葉。








なんて惨めだ






彼氏いたこともないくせに








竜「へ〜笑そんな考えの持ち主だったんだね笑」







あなた「でも別に、あの、男タラシとかじゃないから!!」







竜「えっじゃあ男性経験とかもあるんだ。」









男性経験?






あるわけないだろーがああああああ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)









シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

かずまらぶ
かずまらぶ
川村壱馬♡ リクエスト待ってます〜!! いいねとお気に入り登録お願いします✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る