無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

No.29
馬乗りになってる竜くん






その目は本気で






ゆっくり顔が近づいてきて







初めて唇を奪われました。






あなた「んっはぁ、まって、んっくるしっぃ」






私は息はぁはぁなってるのに





唇が離れると余裕そうに見てくる竜くん






竜「柔らかい」






あなた「ゃだ言わないでっ////」






竜「柔らかい〜ねえここ硬くなってるよあなた。」






恥ずかしい///





世の中のリア充は夜な夜なこんなことしてたのか…







竜「めっちゃ濡れてる笑」





あなた「バカ!笑わないでっ」







竜「指入れるよ?」








あなた「んっ」






竜「声我慢しないで」






あなた「んっあっぁぁん」







竜「もう我慢できない。痛かったら言って」







あなた「あぁあっ」






竜「あなた…好き…っ」





あなた「私もっんっああ」






2人同時に果てた。







私の初めては竜くん







あっ…





そういえば竜くん私が初めてのこと知らないんだ…






その割には優しかった(?)






普通がどれくらいなのか知らないからわかんないけど、、






もっと激しいイメージだった(?)







竜「あなたの初めてもらっちゃったっ///」






えっ?初めて?





知ってたの😅








あなた「ばか」
















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

かずまらぶ
かずまらぶ
川村壱馬♡ リクエスト待ってます〜!! いいねとお気に入り登録お願いします✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る