無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

No.4
なぜかわからない





ビリだったからなのか、ボーとしてたのか







いつもと違う道でアパートに向かっていた






遠回りだけど、初夏の夜の風が気持ちよくて、鼻歌なんか歌いながら帰ってた






この道を通ると公園がある







ん?人?









こんな夜のベンチに人が寝ている






ホームレスかな、って思った





けど若く見える






そっとベンチに近づいてみる






えっかっかっかっこいい…♡







ここは慎重に…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

かずまらぶ
かずまらぶ
川村壱馬♡ リクエスト待ってます〜!! いいねとお気に入り登録お願いします✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る