無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

No.38
あなた「うぅ…」






目を開けてみるとそこには見慣れない天井









生きてる?








ほっぺたつねってみようとしたら動かない両手









見てみるとベッドに鎖で繋がれてる









SM器具かよ/////




とか思ってみる呑気な私。







辺りを見回すとベッド以外何もない部屋だった










((ガチャ








あなた「竜くん、、」








入ってきたのは竜くん


私を殺しかけた人だ








さっき?昨日?のことが蘇り少し顔がこわばる








壱馬「飲め」








渡されたのは天然水







起き上がろうとしたけど痛くて起き上がれない








壱馬「はぁ…」








ため息つきながら起き上がるのを手伝ってくれた


















この人、本当に連続殺人犯何ですか?









シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

かずまらぶ
かずまらぶ
川村壱馬♡ リクエスト待ってます〜!! いいねとお気に入り登録お願いします✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る