無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

No.45
あなた「ん〜…」





朝か…






と思ったら部屋の隅から私をずっと見てる竜く…壱馬くんがいた







壱馬「何時だと思ってんの…死んだかと思った…」






あなた「えっ…ごめん」







壱馬「もう昼の3時。」






あなた「ええ!昨日あんまり寝られなかったからか…」








壱馬「ご飯食べる?」







あなた「うん…」








壱馬「リビングで待ってる」










なんで…?








なんでそんなに優しくするの…?








あなたがわからない








壱馬くんっ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

かずまらぶ
かずまらぶ
川村壱馬♡ リクエスト待ってます〜!! いいねとお気に入り登録お願いします✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る