無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第50話

No.50
長い沈黙の後、壱馬くんが重い口を開ける


壱馬「妹いたんだけどね…?」



あなた「うん」




過去形ということにはあえて触れなかった






壱馬「大学一年生で、仲良い子にやばそうなクラブ誘われて、、」




あなた「うん」





壱馬「断ったら、仲良い子3人から仲間外れにされて、いじめられて、変な男に犯させられた」





喉からなにかが出そうになった…








淡々と話してるけど、普通の人ならこんなこと泣かずに話せない










壱馬「妹は、、誰にも話せずに、自分を追い込んで、自殺…っしたっから…」





あなた「うん…」






壱馬「俺が、妹をいじめた3人をっ…殺した」








言葉が出なかった。







かける言葉もわからない







かけられる言葉もなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

かずまらぶ
かずまらぶ
川村壱馬♡ リクエスト待ってます〜!! いいねとお気に入り登録お願いします✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る