無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

可愛らしいあの方
白桜院あなた
白桜院あなた
ふふっそうなんですかニコ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
ええフフッ










胡蝶さんとしばらくお話していますと、不意に扉が開きました。















甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あら、しのぶちゃん!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
甘露寺さん!















入って来たのは可愛らしい女性の方。















胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
奇遇ですね。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
こちらは白桜院あなたさんです。
白桜院あなた
白桜院あなた
初めまして。白桜院あなたです。ニコッ
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
(きゃー♡この子の笑顔、とっても可愛いわ!)
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃よ!あなたちゃんって呼んでもいいかしら?
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ、もちろんニコッ















甘露寺さん、とても可愛らしいお方です。














それに.....














白桜院あなた
白桜院あなた
綺麗な髪.....










桜色と若葉色の混ざった髪。














凄く綺麗。















甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
本当?
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ!私の住んでいる村にも桜色の髪の方はいますが、若葉色も混ざっている方を見るのは初めてです!
白桜院あなた
白桜院あなた
素敵な髪ですねニコッ















私がニコッと笑うと、甘露寺さんは嬉しそうにはにかみました。















甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
ありがとう!















少し頬が紅くなっているのが、また可愛らしいです....














って、私は初対面の方に何を...
















甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あの、あなたちゃんは鬼殺隊...ではないわよね?
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ。私は鬼殺隊ではありません。
白桜院あなた
白桜院あなた
しかし、鬼狩りはしていますよ。ニコッ
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
そうだったの!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
(鬼殺隊じゃないのに鬼を斬っているのね!かっこいいわ!)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そういえば白桜院さんさんはなぜ鬼狩りを?
















あら。










その言葉、どこかで.....














ああ、竈門さんです。














確か竈門さんも同じような事を聞いて来ましたね。














白桜院あなた
白桜院あなた
私は、私の住んでいる村を守らないといけませんから。ニコッ
白桜院あなた
白桜院あなた
私の住んでいる村は、よく鬼が出るんですよ。少しでも犠牲を出さないよう、私が守っているのです。ニコッ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
確かに、絶対に鬼が出ない村というのを聞いたことが...
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あなたちゃんの村だったのね!
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ、正確には出ないのではなく、私が斬っているのですが。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
凄いわ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
でも、白桜院さん1人で大変ではないですか?
白桜院あなた
白桜院あなた
そうですね...少し大変な時がありますが、私が頑張らないといけないので。ニコッ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
(これは...少し無理をしてしまうタイプの方ですね...)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
何かあったら言って下さいね。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
できることはなんでもやるわ!
白桜院あなた
白桜院あなた
ありがとうございますニコッ















お二人共、なんて優しい方なのでしょう。













そこまで親しみ深い訳でもなく、甘露寺さんに至っては初対面だというのに。















世の中には、こんなにも暖かい方々が.....






























また、守りたい人が増えてしまいました。