無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

桜の少女② 〜炭治郎side〜















.




竈門炭治郎
竈門炭治郎
村を守る、ですか。
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ。この村は鬼が多くてですね。鬼殺隊の方が来る前に食べられてしまう事がほとんどなのです。





そうするとあなたさんは少し悲しそうな顔をした。





白桜院あなた
白桜院あなた
なので私が鬼が出たらすぐ助けられるように、毎晩村を巡回しているのですよ。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そうなんですか.....










でも俺はもう一つ気になる事がある。






でもこれは聞いて良いのだろうか。






白桜院あなた
白桜院あなた
昨日、私が村の方に殴られていたことですか?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
えっ..........






なんでわかったんだ?






白桜院あなた
白桜院あなた
そうですね.....この村の大人は大体私の事を嫌っています。
白桜院あなた
白桜院あなた
過去に、私が他の鬼を斬っている間にある子供が鬼に喰われてしまった事がありまして。
白桜院あなた
白桜院あなた
そこから、なんで助けなかったんだと殴られてまして、今では子供が鬼に遭遇したら私のせいですよ。





はは、とあなたさんは力なく笑った。





なんだそれは..........





竈門炭治郎
竈門炭治郎
そんなのおかしいです!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなたさんは他の鬼を斬っててその子を助けられなかったんだろう? そんなの仕方ない!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
こんなに広い村をたった一人で守るだなんて無理がある!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなたさんは間違ってないぞ!
白桜院あなた
白桜院あなた
.....!






あなたさんの目が大きく見開かれる。







竈門炭治郎
竈門炭治郎
...あ。





やってしまった。




竈門炭治郎
竈門炭治郎
すっ、すみません!
白桜院あなた
白桜院あなた
ハッ       いえいえ。大丈夫ですよ。
白桜院あなた
白桜院あなた
びっくりしてしまったんです。村の子供達以外に私の事を肯定してくださる方がいたなんて。
白桜院あなた
白桜院あなた
ありがとうございますニコッ
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ...はい?





こういう時にはなんていえばいいんだ?






白桜院あなた
白桜院あなた
あら.....そういえば竈門さんは鬼殺隊ですよね?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
はい!
白桜院あなた
白桜院あなた
なんの呼吸を使うのですか?
白桜院あなた
白桜院あなた
昨日よく見れてなくて.....
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ、俺は水の呼吸です!
白桜院あなた
白桜院あなた
水の呼吸と言うと...今の柱は冨岡さんでしょうか。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
冨岡さんと知り合いなんですか?
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ。以前お会いした事があります。とっても良いお方ですよね。ニコッ


びっくりした。






あなたさん、冨岡さんと知り合いだったのか.....。






竈門炭治郎
竈門炭治郎
確かあなたさんの呼吸は.....
白桜院あなた
白桜院あなた
桜です。私は桜の呼吸を使います。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
桜......





あなたさんにぴったりだ。






美しくて優しい桜とあなたさんは自然と重なる。





竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなたさんにぴったりですね!ニコッ
白桜院あなた
白桜院あなた
...!
白桜院あなた
白桜院あなた
ありがとうございますニコッ






























































































あなたさんのこの笑顔は、出会ってから1番明るい笑顔な気がした。