無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

見覚えのある紅い髪




















みなさんからあのお華を貰ってから約1週間。















1番お気に入りの花瓶にいれて、お部屋に飾ってあります。















その2つの華を見る度に、子供達の言葉が頭の中に。















「  あなたちゃんといれて幸せ!  」


















あの眩しい笑顔は、一生脳内に残ることでしょう。




















ありがとうございます。
















本当に....本当に.....


















白桜院あなた
白桜院あなた
ふう...さてと。




















今宵も、鬼狩りの時間がやって参りました。











































白桜院あなた
白桜院あなた
桜の呼吸   肆ノ型   春の花曇
!?
白桜院あなた
白桜院あなた
捌ノ型   寒桜突き
グアアアアアアアアアアアアア←雑すぎw





.



白桜院あなた
白桜院あなた
スタッ















地面に足を着けると同時に切れる頸。














...最近の鬼はなかなか弱いですね。
















...しかし、気を抜いてはいけません。















常に自分を磨かねば...




















と、その時。



















暁(あかつき)
暁(あかつき)
あなた!あなた!















急遽、暁さんが私の肩へ。















白桜院あなた
白桜院あなた
...?どうしましたか?暁さん。
暁(あかつき)
暁(あかつき)
南南東ニ、十二鬼月ガイルゾ!
鬼殺隊ガ苦戦中ダ!















...!














十二鬼月はまずいですね....














鬼殺隊の方が無事だといいのですが...















白桜院あなた
白桜院あなた
分かりました。急いで向かいましょう。















そして私は南南東へ。





























そこに居たのは、傷だらけの見覚えのある紅い髪の方_______________。