無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

魅了



















.









白桜院あなた
白桜院あなた
.....あら。






















竈門さんとお話をし終わり別れ、街を歩いていた私は、ふと足を止めました。




























白桜院あなた
白桜院あなた
綺麗......。




















私の目を引き付けているのは____________




























_______________簪。

























黄金色を主に、桜色、御所染、薄浅葱などが散らばる簪。



























一瞬で、私は魅了されてしまいました。
























値札に目を移すと...


























白桜院あなた
白桜院あなた
.....。





























......私に、買う事ができる値段ではありませんね...。





























....ここは、諦めて帰りましょう。





























私の簪を買うくらいでしたら、なにか子供たちが喜ぶものを...。






























もどかしい気持ちを抑えつつ、私は簪に背を向けました。









































































_______________冨岡義勇side


























街で、白桜院を見つけた。





























声を掛けようとしたが、白桜院があまりにも何かを見つめているので、後ろから覗いて見た。































そこにあったのは.....





























簪。

























淡い色の散らばった綺麗な簪を、白桜院はじっと見つめていた。





























だが、値札に目を移すと、諦めたように笑って身を翻してしまった。





























おそらく、相当な値段だったのだろう。





























白桜院の諦めたような顔が忘れられなくて____________





























俺は、ゆっくりと店に歩み寄った。










































主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
はーいすみません
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
作者通ります
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
あの、色々な作品でお知らせさせていただいているのですが、
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
この度、ファンマークを作らせて頂きました......カタカタ
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
🔮🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
でございます
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
いやほんとに粗大ゴミがでしゃばって申し訳ございません
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
消される.....(震え声)
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
あのあなたさん、もしも良かったら、つけてくれると
主こと🌹紅の薔薇🌹
主こと🌹紅の薔薇🌹
嬉しいでございます.....(震え声)