無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

日常①
村の男の子たち
あなたー!!!
村の女の子たち
あなたちゃーん!!!






ガラガラと扉が開く音がすると思うと、村の子供達がわいわいと走ってきました。











白桜院あなた
白桜院あなた
あらあら皆さん、おそろいで。ニコッ





ニコッと微笑めば、皆さんの明るい笑顔が見られます。









村の女の子の代表(風花)
村の女の子の代表(風花)
あなたちゃん久しぶり!
白桜院あなた
白桜院あなた
風花さん、お久しぶりです。ニコッ





この方は風花さん。









綺麗なピンク色の二つ結びがお似合いの、元気な女の子です。








村の女の子たちをまとめておられる、とても優しい方なのですよ。








村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
あなた.....





ツンツンと私の着物の袖を引っ張ってくるのは湊さんと言います。









一昨日、私が助けた方です。









明るい茶色の髪の毛と、元気な笑顔が特徴の男の子です。









責任感が強いので、村の男の子たちのリーダー的存在ですね。









白桜院あなた
白桜院あなた
どうしましたか?湊さん。
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
昨日、ごめん。



私が顔を覗き込むと、湊さんは俯いて言いました。









不安にさせてしまったのでしょうか。









白桜院あなた
白桜院あなた
大丈夫ですよ。私は湊さんが無事で本当に嬉しかったのですから。ニコッ
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
ほんと...?
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ、本当です。ニコッ
村の男の子たち
よかったな、湊!
村の男の子たち
湊兄ちゃん、ずっと不安そうだったもんね。
白桜院あなた
白桜院あなた
そうなのですか?
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
うん.....お母さんのせいであなたに嫌われちゃったらどうしようって.....
白桜院あなた
白桜院あなた
ふふ。大丈夫ですよ。私は湊さんのことも、皆さんのことも、大好きですから。ニコッ
村の女の子の代表(風花)
村の女の子の代表(風花)
だから言ったでしょ!あなたちゃんは許してくれるって!
村の女の子たち
そうよ!
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
うん!
白桜院あなた
白桜院あなた
ふふ、やはり皆さんは笑ったお顔が1番素敵ですよ。
村の男の子たち
ほんと?じゃあ俺、あなたの前ではにこにこしてる!
村の男の子たち
俺も!
村の女の子たち
私も!
白桜院あなた
白桜院あなた
はい。でも辛い時は無理して笑わなくていいのですよ。困ったことがあったら何でも相談して下さいね。ニコッ
村の女の子たち
はーい!
村の男の子たち
はーい!
村の女の子の代表(風花)
村の女の子の代表(風花)
そうそうあなたちゃん、今日はこれで遊ぼ!
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ、いいですよ。ニコッ






















































ー夕方ー








白桜院あなた
白桜院あなた
皆さん、もうお時間ですよ。
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
ほんとだ。
村の女の子の代表(風花)
村の女の子の代表(風花)
もう終わりかあ。
村の女の子たち
もっとあなたお姉ちゃんと遊びたいなあー。
村の男の子たち
また明日来てもいい?
白桜院あなた
白桜院あなた
ええ、いつでもいらして下さいな。
村の男の子たち
やったー!
村の女の子たち
じゃあまた明日ねー!
村の男の子たち
バイバーイ!
白桜院あなた
白桜院あなた
さようなら。ニコッ











子供たちが帰っていきます。









あの子達は本当にいい子です。









瞳はキラキラして、笑顔は弾けるよう。









まるで太陽です。










毎日親に内緒で私の家に来てくださっているなんて、申し訳ないですよ。













でも、こんな私に生きる意味をくれたあの子達に、私は精一杯お礼をしなければなりません。































私がいる事で、少しでもあの子たちの希望になりたいのです。