無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

思いがけない再会


















炭治郎 side





















血気術    殺目籠





.







竈門炭治郎
竈門炭治郎
(慌てるな....息を乱すな.....       中略)










.
竈門炭治郎
竈門炭治郎
(腕が....上がらない.....)















もうダメだ...そう思った時だった。

























シャキン



















!?










.
竈門炭治郎
竈門炭治郎
(誰か来た.....善逸か....?)






















.



















白桜院あなた
白桜院あなた
鬼さん。今宵は綺麗な満月ですね。ニコッ
竈門炭治郎
竈門炭治郎
.....!!




















そこに立っていたのは、あの人だった。



















次から次に...僕の邪魔ばかりするクズどもめ...!
血気術...
白桜院あなた
白桜院あなた
遅いですよ。ニコッ




















鬼が血気術を使おうとした時。



















頸が、切れた。



















...!
白桜院あなた
白桜院あなた
来世では、お幸せに。




















一瞬で頸を切り、鬼に向かって手を合わせるその姿。


















こんな時でも美しいと思ってしまう。



















竈門炭治郎
竈門炭治郎
...。
白桜院あなた
白桜院あなた
竈門さん。




















いつの間に移動したのだろう。




















一瞬で、あなたさんは俺の前へと移動してきた。



















竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなた.....さん....?
白桜院あなた
白桜院あなた
お久しぶりです、竈門さん。ニコッ




















あなたさんはそう言って微笑むと、



















白桜院あなた
白桜院あなた
お怪我が酷いですよ。方をお貸しするので私の屋敷まで頑張ってください。




















と、しゃがみ込んだ。





























_____________初めて会った、あの時のように。