無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

日常③





鬼狩りが終わったあとは、勉強です。



















主に薬学を勉強しており、解毒剤や怪我に塗る薬などを作っています。



















全て独学なので、完全に効くかは分かりませんが......



















そういえば、前にお会いした事がある、鬼殺隊の胡蝶さんという方も薬学に精通しているとおっしゃっていましたね。



















またお会いしたいです.....



















お会いしたいといえば、竈門さんはお元気でしょうか。



















あの方はとても優しい人です。



















お話によると、初めは鬼に情けをかけてしまっていただとか。



















まあ、優しい竈門さんならしょうがないかもしれませんね。



















出会ったばかりというのに、竈門さんは家族のように接して下さって。

















本当に優しいお方でした。






























そんなことを考えながら作業していると、あっという間に日が登ってきてしまいます。



















睡眠はあまり取りませんね。



















薬を早く作り終わった時や、鬼が出なかった時に少しだけ眠ります。



















大体2、3日に1度くらいでしょうか。





























と、まあ、私の1日はこのような感じです。



















たとえ村の大人の方に嫌われてしまっていても、私は割とこの生活が好きですよ。



















今までも、そして、もしかしたらこれからも。