無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

出会い
暁(あかつき)
暁(あかつき)
あなた!あなた!3km先デ大量ノ鬼発見デスヨ!
あらあら。



















お久しぶりの鬼狩りですこと。



















白桜院あなた
白桜院あなた
分かりました。暁さん、案内して下さい。
暁(あかつき)
暁(あかつき)
ワカリマシタ!
コッチデス!




















暁さんに案内してもらうと、そこには沢山の鬼と湊さん、そして...誰でしょう。あの少年は。



















グアアアアアアアアアアアアアアアアアア
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
くっ、来るな!!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
っ...!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
水の呼吸 壱ノ型 水面切り!
ハッハッハ!俺にそんなショボい技は効かねえよ!
オラ!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ“あ”あ“っ!!!










あの少年が傷を負ってしまいました...!










急いで助けなければ.....!
白桜院あなた
白桜院あなた
桜の呼吸 参ノ型 桜花爛漫










パラパラパラ..........









スタッ
白桜院あなた
白桜院あなた
湊さん、お怪我はありませんか?
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
う...うん...ありがとうあなた...
白桜院あなた
白桜院あなた
ご無事でなりよりです...
村の大人
湊ー!湊!
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
あ...お母さん...!
村の大人
鬼が出たんですって!?
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
う...うん...





バシッ!




白桜院あなた
白桜院あなた
っ...










殴られてしまいました。









村の大人
おいゴミ!
なんでもっと早く来なかったんだよ!
白桜院あなた
白桜院あなた
っ...すみません...
村の大人
許す訳ないでしょ!?お前のせいで湊が危ない目になったんだよ!
白桜院あなた
白桜院あなた
ごめんなさい...
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
お母さんやめて!あなたは悪くない!あなたは僕を助けてくれたの!
村の大人
湊も黙りなさい!こんなゴミに用はないわ!





ドガッ




白桜院あなた
白桜院あなた
いたっ.....
村の大人
ほら湊!いくよ!
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
嫌だ!あなたっ!










湊さんがお母様に連れてかれてしまいます。









湊さんは涙目で私を見つめました。









私はせめて湊さんを安心させようと、ニコッと微笑みました。









白桜院あなた
白桜院あなた
湊さん、私は大丈夫ですよ。ニコッ
村の男の子の代表(湊)
村の男の子の代表(湊)
.....










湊さんにはまた明日謝りましょう。














次はそこの少年です。









白桜院あなた
白桜院あなた
大丈夫ですか?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ...あなたは.....?










ああ、お怪我が酷いです。










急いで手当てして差し上げなければ。









白桜院あなた
白桜院あなた
お怪我が酷いですね。手当てをするので私の屋敷まで付いてきて下さいな。
白桜院あなた
白桜院あなた
立てますか?










スッと手を差し出すと、少年は









竈門炭治郎
竈門炭治郎
ありがとう....ございます.....





と、私の手を握り、立ち上がりました。









傷が酷いものの、歩けそうですね。









白桜院あなた
白桜院あなた
肩をお貸しします。少しの間頑張ってください。










そして私達は屋敷に向かいました。