前の話
一覧へ
次の話

第1話

君が好きでたまらない
2,339
2019/02/11 01:42
マサイside
ど~も!!フィッシャーズマサイです!今日はシルクが家に遊びに来ています!実は俺、今日シルクに告ろうと思うんだ。俺たち男同士でキモイと思われちゃうかもしれないけどそれでも俺はシルクが好きだからこの気持ちを伝える!
マ なぁ。
シん?なぁに?
いや!その可愛さは反則だって///

シルクside
最近マサイが変なんだよな~。
急に家来てとか、俺の顔見て顔赤くなったり...
マ ちょっと来て。
シ う、うん。
そう言うとマサイは俺に壁ドンしてきた。
シ へ?
マ 俺マサイのこと好き。
シ そ、それはどういう意味で...
マ 言わなくたって分かるだろ?恋愛としての好きだよ。
そうマサイが言うとマサイは俺にキスをしてきた。
マ 嫌だったか?
シ ううん。俺もマサイのこと好き♥
マ 俺と付き合ってください!
シ いやだ!
マ えっ?
シ 嘘~!!騙された!もちろん付き合うに決まってんじゃん!
マ 本当にシルクはお茶目だな~。
そう言うとまた2人でキスをする。
マ これまで以上に仲良くしような。
シ うん!

プリ小説オーディオドラマ