無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

610
2021/06/10

第15話

意味あるのかな…
今日も辛い中僕は生きる
みんなそんな辛くないと思っているだろうけど
日々暴言吐かれ 今まで愛していたメンバーに侮辱するような顔を向けられ
そして日に日に僕に当たるようになってきた
まぁいつもみたいに暴言吐かれるのと同じだけど
少し違う みんなの目から僕がうつったら
舌打ち いつも通りの暴言 そして睨んでくる
ナムジュン
ナムジュン
💭僕は君達の目にうつりたくてウロウロしてない
ナムジュン
ナムジュン
💭むしろ会わないようにした……
それでも僕が我慢しなければいけない
こんなメンバーでもまだ愛しているんだ
だってジュリーさんの嘘でみんな操り人形みたいに簡単に信じちゃったし
早くジュリーさんの行動を信じるような証拠を見つけたい
ナムジュン
ナムジュン
💭早くしないと……
ナムジュン
ナムジュン
💭証拠集めの前に僕がおれるんじゃ
ナムジュン
ナムジュン
💭いや、みんなが危険だ
ナムジュン
ナムジュン
💭下手したらジュリーさんの人形になってしまうかもしれない
そう思っていたら ちょうどジュリーさんが
ジュリー
ジュリー
ねぇ リビング後で来てくんね?
口調が男みたいだ
今はみんな出掛け中だから居ないけど
またみんなが居ない時に 僕とジュリーさん2人きりだから
尚更疑われる
証拠集めをしても信じてもらえるのだろうか
ナムジュン
ナムジュン
……はい
証拠集めをしても尚更信じてもらえるのだろうか
そうネガティブになっていったナムジュン










重い足取りでリビングへ行く
前まではみんなと遊んだり食事したりと思い出ばかりしかない
リビングだったけど
今ではリビングの前を通るのが怖かったり
今みたいにジュリーさんからの呼び出しでリビング行くのは正直怖い、
そう思ってリビングに入ったら先に来ていたジュリーさん
ジュリー
ジュリー
遅いんだけど 女待たせるってどういう神経?
人のこと言えないと思いますが
簡単に僕たちの仲を引き裂いた魔女なんだ 
僕より神経がやばいと思います
まぁそんなこと言えるわけないけど
ナムジュン
ナムジュン
……すみません
はぁこれしか言えない僕は本当に情けない
ジュリー
ジュリー
まぁもうわかるよね?今やること
分かっている 
どうせ








ナムジュン
ナムジュン
僕が暴力振るったようにするんですよね?